なか・やちよの森公園の四季
春 夏 秋 冬
春 3月〜5月
寒かった冬が終わりだんだんと暖かくなる季節。園内の木々は芽吹き始め、4月には翠明湖周辺のサクラやコバノミツバツツジ、クロモジなど、園内や散策路、翠明湖湖畔沿いを散策すると色んな花の“開花ラッシュが楽しめます。

植物
アセビ(3月) コバノミツバツツジ(4月)
クロモジ(4月) ショウジョウバカマ(4月)
キブシ(4月) ミヤマシキミ(4月)
ベニドウダン(5月) タニウツギ(5月)

生き物
カスミサンショウウオ(4月)
シジュウカラが巣箱に来た!(5月)

かわいい来園者♪(2013年5月)
渡り鳥のヤツガシラが遊びに来てくれたこともあります!

夏 6月〜8月
暑さに負けず、植物や昆虫は活発に活動する季節。園内ではトンボが飛び回り、ビオトープ池でもカエルやメダカが元気に動き回り、水辺の植物もきれいに咲き誇ります。

植物
ササユリ(6月) エゴノキ(6月)
ネムノキ(7月) ネジバナ(7月)
サギソウ(8月) ミズオオバコ(8月)

生き物
ショウジョウトンボ(6月) モリアオガエル(6月)
スジクワガタ(7月) カブトムシ(7月)

秋 9月〜11月
涼しくなり、森公園を囲む山々は赤や黄色に美しく色づき始める季節。シバグリやナツハゼ、ガマズミなど秋の木の実が実り、足元では小さなセンブリ、ツルリンドウなど可憐な花が咲いています。

植物
ナツハゼの実(9月) シバグリの実(9月)
コウヤボウキ(10月) ヤブコウジの実(10月)
ミヤマガマズミの実(10月) ツルリンドウ(10月)
センブリ(11月) 紅葉のモミジ(11月)

生き物
キアゲハ(9月) ヒナカマキリ(10月)

冬 12月〜2月
寒さに耐えながら春に向けて準備する季節。湖畔の広場前に広がる翠明湖には、水辺の冬鳥が集って泳いでいる姿が見られます。

植物
フユイチゴ(12月) オニグルミの冬芽と葉痕(1月)
オウレン(2月) ヤブツバキ(2月)
ウメ(2月) フキノトウ(2月)

生き物
ジョウビタキ コガモ
ヒドリガモ マガモ
鳥類写真提供:岡本嘉正氏